クーラントタンク6つの問題点

悪臭を抑えたい

症状

現場での機械油の悪臭・腐敗臭がする

原因は何なのでしょうか?

溜まってきたクーラントタンクの浮上油によって切削液が腐敗しています。
その腐敗臭が原因だと考えられます。

どうしてそうなってしまったんでしょう?

浮上油により切削液が十分に空気に触れず、嫌気性のバクテリアが大幅に増殖しています。大量発生したバクテリアの吐き出す副産物がPHを下げ、錆や腐食を起こして腐敗臭を発生させていると考えられます。

どうすれば解決しますか?

解決方法は非常にシンプルです。溜まってしまった浮上油を除去して、切削液を空気に触れさせる、つまり、曝気することで全て解決します。

そうすると、現状はどのように改善されるのですか?

腐敗による悪臭が低減し、切削液の成分も正常に戻ってその状態が維持されます。PHが低減しづらいので、アルカリ性を保ち、錆の発生も抑制することになります。

エコイットで出来ることは…

一度腐敗した切削液は残念ながら良くなりません。エコイットであれば、新液を長く良い状態で使い続けることが可能です。また、殺菌装置を伴うことで延命効果はさらに発揮されます。

Pagetop