クーラントタンク6つの問題点

タンクの清掃が大変だ

症状

クーラントタンクを清掃するには、機械を止めてクーラント液をすべて抜き、沈殿スラッジや壁に付着したスラッジ、ヘドロを回収してからクーラント新液を入れます。かなり汚れる作業で、機械を止めバキューム車を呼ぶため連休で一気に作業をする場合が多く、汚れ具合によって清掃サイクルを決めづらいために汚れたまま加工を続けなければならない場合があります。よって汚れもひどくなってしまいます。

原因は何なのでしょうか?

1)稼働させながら清掃することが出来ない。
2)大掛かりな作業になるので大型連休に作業が集中する。
3)油汚れがひどくなってから清掃する場合が多く掃除しづらい。
等の原因が考えられます。

どうしてそうなってしまったんでしょう?

日常的に清掃して頂く必要があるのですが、稼働と生産に追われて時間が取れずに後回しになってしまうといったことがあるのではないでしょうか。

どうすれば解決しますか?

スラッジの粘着性を高めてしまう浮上油を回収し続けることで、清掃しやすい環境を作ると効果的です。またクーラントタンクに混入するような微細なスラッジは浮上していることが多く、時間と共に沈殿していく為、先に浮上油と共に回収してしまえば作業は自動回収だけで十分になります。

そうすると、現状はどのように改善されるのですか?

日々の清掃で加工環境は大幅に改善される。日々回収することで固形化せず、回収しやすい状況が保てるためさらに回収効率が上がる。綺麗なタンクは清掃しやすいので、清掃の好循環に入っていく。

エコイットで出来ることは…

機械の稼働中に清掃・浮上油を除去することで、通常の清掃では取れない機械内部や配管内部に溜まっている汚れも回収することができます。綺麗なクーラント液を機械内部に循環させることは洗い流している効果もある為、循環している隅々まできれいになるケースが期待できます。稼働中での清掃効果のひとつと言えるでしょう。

Pagetop