クーラントタンク6つの問題点

錆が発生する

症状

アルミやステンレスを加工した際に錆が発生するようになってしまいました。錆びる材質ではないのですが、どうしてでしょうか?

原因は何なのでしょうか?

錆の発生する材質を加工した際に発生した微細スラッジが掛かることによって、もらい錆・アルミ錆が起こる可能性があります。

どうしてそうなってしまったんでしょう?

クーラントタンクの内壁に付着していた微細なスラッジが時間と共に流され、クーラントポンプに吸われることでワークに掛かってしまうことがあるのです。

どうすれば解決しますか?

クーラントポンプに吸われる可能性がある浮上微細スラッジを除去しましょう。浮上油に付着している場合も多く見られます。浮上油と一緒に回収して下さい。

そうすると、現状はどのように改善されるのですか?

本来錆びる材質でなければ錆の発生を抑えることが出来ます。

エコイットで出来ることは…

スラッジを回収することで、解決することが可能です。ただし、錆の発生原因は他にもあります。1つの可能性としてご参考ください。

Pagetop